韓国の教育スキャンダル、曺氏追及の女性議員にも疑惑

AFPBB News / 2019年9月18日 17時2分

【AFP=時事】韓国の曺国(チョ・グク、ChoKuk)新法相の任命が自身の娘の大学不正入学疑惑により一時危ぶまれたが、その曺氏に対して厳しい批判の声を上げていた野党・自由韓国党の羅卿瑗(NaKyung-Won、ナ・ギョンウォン)院内代表にも、息子に関する不正疑惑が持ち上がっている。 ソウルの検察当局は18日、羅氏がインターンとして自分の息子を受け入れるようソウル大学(SeoulNationalUniversity)の教授に圧力を掛けた疑いについて、捜査を開始したと発表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング