ベルギー空軍の戦闘機が仏で墜落、操縦士1人が電線に掛かり宙づりに

AFPBB News / 2019年9月19日 20時24分

【AFP=時事】ベルギー空軍のF16戦闘機1機が19日、フランス西部モルビアン(Morbihan)県で墜落した。同機に搭乗していた操縦士2人は脱出したものの、1人はパラシュートが電線に引っ掛かって宙づり状態にあると、地元自治体が明らかにした。 自治体当局は、「正副操縦士は墜落前に脱出することができた。2人とも場所は特定されており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング