インドネシア、婚前交渉禁止案に批判 大統領が採決延期要請

AFPBB News / 2019年9月21日 6時5分

【AFP=時事】インドネシアで、同性・異性間の婚前・婚外交渉を禁止する刑法改定案が議会を通過する見通しとなり、世論の反発を呼んでいる。ジョコ・ウィドド(JokoWidodo)大統領は20日、議会に対し法案の採決延期を要請した。 ウィドド大統領は反発が出ていることから、刑法改定案は慎重に吟味されるべきだと表明。来週の会期終了前に予定されている採決の中止を議会に要請した。 改定案が成立すれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング