礼拝中のモスクを武装集団が襲撃、16人死亡 ブルキナファソ

AFPBB News / 2019年10月13日 11時35分

【AFP=時事】治安が悪化している西アフリカの内陸国ブルキナファソ北部で11日夕、イスラム教の礼拝が行われていたサルモッシ(Salmossi)の大モスクが武装集団に襲撃され、16人が死亡し、住民が避難した。治安関係者や住民が12日明らかにした。 関係者によると、死者のうち13人は現場で死亡し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング