イングランド戦でファンが人種差別、ブルガリア連盟会長が辞任

AFPBB News / 2019年10月16日 10時23分

【AFP=時事】ブルガリアサッカー連盟(BFU)のボリスラフ・ミハイロフ(BorislavMihaylov)会長が15日、同国ファンによる欧州選手権(UEFAEuro2020)予選のイングランド戦で人種差別的なチャントが発生したことを受け、辞任した。 イングランドは14日に敵地ソフィアで行われた試合で6-0とブルガリアを一蹴したが、人種差別的なチャントにより試合が2度にわたって中断した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング