元教え子殺害の教授出廷、ロシアの女性暴力問題に批判集まる

AFPBB News / 2019年11月11日 23時46分

【AFP=時事】ロシアで、元教え子だった交際相手の女性を殺害し、遺体を切断したことを認めた著名な歴史学者が11日、出廷した。この男をめぐっては、別の女子学生らに対する虐待容疑も浮上しており、捜査を求める声が強まっている。 同日出廷したサンクトペテルブルク国立大学(SaintPetersburgStateUniversity)教授のオレグ・ソコロフ(OlegSokolov)容疑者(63)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング