中国のウイグル収容施設500か所近くを確認 100万人超が被収容の恐れ

AFPBB News / 2019年11月13日 13時59分

【AFP=時事】人権団体「東トルキスタン国民覚醒運動(ETNAM)」は12日、中国・新疆ウイグル自治区(XinjiangUighurAutonomousRegion)の少数民族ウイグル人らが拘束されている収容施設や刑務所を、500近く確認したと発表した。約100万人が収容されていると一般的に言われてきたが、同団体はそれよりはるかに多くの人が中国政府に拘束されている恐れがあると主張している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング