北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も

AFPBB News / 2019年11月14日 0時15分

【AFP=時事】中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。 当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(InnerMongolia)自治区の出身で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング