トランプ氏がライバル擁護、バイデン氏は「狂犬」ではない 北朝鮮メディアの非難受け

AFPBB News / 2019年11月18日 11時47分

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(DonaldTrump)大統領は17日、北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が民主党のジョー・バイデン(JoeBiden)前米副大統領を「狂犬」と呼び、「棒で殴り殺さねばならない」と非難したことを受け、行き過ぎた主張だとしてバイデン氏を擁護した。トランプ氏が、政敵であるバイデン氏の擁護をするのは、たとえ形だけだとしても異例。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング