オスカー・ワイルドの「友情の指輪」、著名美術調査員が発見 盗難から20年

AFPBB News / 2019年11月18日 13時45分

【AFP=時事】アイルランド出身の作家オスカー・ワイルド(OscarWilde)が友人に贈り、その後盗まれていた金の指輪が、20年近くの時を経て、「美術界のインディ・ジョーンズ(IndianaJones)」の異名をとるオランダの美術調査員によって発見された。 1876年、ワイルドは学友のレジナルド・ハーディング(ReginaldHarding)さんと共同で、学友のウィリアム・ウォード(WilliamWard)さんに友情の指輪を贈った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング