米のイスラエル入植地容認、パレスチナと国際社会が痛烈批判

AFPBB News / 2019年11月20日 8時40分

【AFP=時事】パレスチナ自治区ヨルダン川西岸(WestBank)のイスラエル人入植地は国際法に違反していないと米国が発表したことをめぐり、国際社会とパレスチナが19日、激しい非難の声を上げた。一方、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ(BenjaminNetanyahu)首相は、「歴史的」措置と称賛した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング