日本は強豪フランスに惜敗、錦織不在も金星目前まで迫る デ杯

AFPBB News / 2019年11月20日 9時8分

【AFP=時事】男子テニス、国別対抗戦デビスカップ(DavisCup2019)は19日、スペイン・マドリードで決勝ラウンドが行われ、日本は負傷中の錦織圭(KeiNishikori)が不在ながらも強豪フランスから金星を挙げる目前まで迫ったが、1勝2敗で惜しくもグループAの初戦を落とした。 10度の大会制覇を誇る優勝候補のフランスに対し、日本は内山靖崇(YasutakaUchiyama)が2-6、1-6でジョーウィルフリード・ツォンガ(Jo-WilfriedTsonga)との初戦に敗れたが、続く第2試合では世界ランキング73位の西岡良仁(YoshihitoNishioka)が7-5、6-2でガ…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング