ラオス・タイ国境でM6.1地震、法王滞在中のバンコクでも揺れ

AFPBB News / 2019年11月21日 13時52分

【AFP=時事】ラオス北西部のタイ国境近くで21日午前6時50分(日本時間同8時50分)ごろ、地震が発生し、震源から約700キロ離れたタイの首都バンコクでも揺れが体感された。バンコクには現在、ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(PopeFrancis)が滞在している。 米地質調査所(USGS)によると震源は浅く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング