ロシア陸連幹部ら処分、反ドーピング規則への「重大な違反」で

AFPBB News / 2019年11月22日 11時18分

【AFP=時事】陸上競技の不正防止機関「アスレチックス・インテグリティ・ユニット(AIU)」は21日、捜査妨害を含む反ドーピング規則への「重大な違反」があったとして、ロシア陸上競技連盟(RUSAF)の幹部らを処分した。 今回の処分は、同国男子走り高跳びのダニイル・ルイセンコ(DanilLysenko)の居場所情報義務違反の捜査中に、RUSAF幹部に違反行為があったとして科された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング