写真

台風28号の上陸を控えたフィリピン・東サマール州ボロンガンで、木製の漁船を安全な場所まで運ぶ住民ら(2019年12月2日撮影)。(c)Alren BERONIO / AFP

【AFP=時事】非常に強い勢力を伴った台風28号(アジア名:カンムリ、Kammuri)が、2日から3日にかけてフィリピンに上陸するとみられている。台風の接近を受けて同国では数万人が避難を余儀なくされたほか、首都マニラ近郊で開催中の東南アジア競技大会(SEAGames)への影響が懸念されている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング