写真

セクハラ告発運動への連帯を示すハッシュタグ「#MeToo(私も)」が書かれた手(2018年8月10日撮影、資料写真)。(c)BERTRAND GUAY / AFP

【AFP=時事】ギリシャの富豪で米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)のボトル詰め工場の相続人であるアルキ・デビッド(AlkiDavid)被告(51)に、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)を受けたアシスタント女性に対する損害賠償金5800万ドル(約63億円)の支払いを米裁判所が命じた。女性の代理人が2日、明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング