婚前交渉で公開むち打ちのインドネシア男性、執行中に失神

AFPBB News / 2019年12月6日 2時29分

【AFP=時事】インドネシアのアチェ(Aceh)州で5日、婚前交渉の罪で公開むち打ち100回の刑に処された男性が執行中に失神し、意識を取り戻してから残りの刑を受けた後、病院に搬送される事態があった。 刑を受けたのは22歳の男性。覆面姿の執行官に中止を懇願したが、背中にトウ製のむちを振るわれて失神した。 男性が意識を回復すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング