欧州最古のベツナウ原発、稼働から50年に スイス

AFPBB News / 2019年12月12日 16時56分

【AFP=時事】スイス北部アールガウ(Aargau)州にあるベツナウ(Beznau)原子力発電所が9日、運転開始から50年を迎えた。環境保護活動家らはあまりにも古くて危険だとし、直ちに閉鎖するよう求めている。 ベツナウ原発は、1969年12月9日に商業運転を開始した。50年が経過した原発のタービン建屋内にある青い壁にはドイツ語でこう書かれていた:「1969~2019年。35万5000時間稼働」 ベツナウ原発1号機は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング