プラスチックを太陽光で分解、新手法開発 シンガポール研究

AFPBB News / 2019年12月12日 10時9分

【AFP=時事】世界中の国々がごみの削減に苦闘する中、人工太陽灯を用いてプラスチックを有用な化学物質に変えることのできる、環境配慮型の手法を考案したとの研究結果が11日、発表された。できる化学物質は「ギ酸」で、エネルギー生産に役立つとされた。 世界を見渡すと、大量のプラスチックごみが山のように積み上げられたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング