中国人の訪台で大規模な文書偽造横行か、台湾当局が捜査

AFPBB News / 2019年12月12日 21時23分

【AFP=時事】台湾検察当局は、中国政府関係者らによる訪台の便宜を図るため、文書を偽造していたとされる複数の旅行会社や民間団体に対する捜査を開始した。台湾の安全保障の侵害に当たるとの懸念も生じている。 台北地方検察署は11日、中国人らが「事業交流」用の許可証で台湾を訪問できるよう身元を偽装した疑いで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング