米特別代表、北朝鮮の要求は「敵対的で極めて無益」 新たな協議呼び掛け

AFPBB News / 2019年12月16日 11時51分

【AFP=時事】米国のスティーブン・ビーガン(StephenBiegun)北朝鮮担当特別代表は16日、韓国のソウルで記者団に対し、行き詰まっている米朝核協議でこの年末までに新たな譲歩を迫っている北朝鮮政府の要求は「敵対的で極めて無益」だと述べた一方、新たな協議を行うよう北朝鮮側に呼び掛けた。 ビーガン氏は、北朝鮮がここ数週間に出した声明はすべて把握しているとした上で、「米国、韓国、日本、欧州の米友好国に向けたこれらの声明が非常に敵対的かつ否定的で、極めて無益であるのは残念だ」と語り、「米国が持っているのは期限ではなく、目標だ」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング