エジル選手は「偽ニュースに欺かれている」 中国、ウイグル問題で指摘

AFPBB News / 2019年12月16日 19時28分

【AFP=時事】(更新)サッカーの英イングランド・プレミアリーグ、アーセナル(Arsenal)に所属するメスト・エジル(MesutOzil)選手(31)が、中国・新疆ウイグル自治区(XinjiangUighurAutonomousRegion)での中国当局によるウイグル人の処遇を批判したことを受け、中国政府は16日、同選手が「フェイクニュースに欺かれている」と述べ、同地を訪れて自らの目で見てみるよう呼び掛けた。 中国外務省の耿爽(GengShuang)副報道局長は、エジル選手の「見解は偽りの意見に影響されていた」と評し、「新疆へ行って見てもらえたらうれしい」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング