イエメンでミサイル攻撃、暫定政府側の兵士70人死亡

AFPBB News / 2020年1月19日 17時13分

【AFP=時事】(更新)イエメン中部マーリブ(Marib)州のモスクで、イスラム教シーア派(Shiite)反政府武装組織フーシ派(Huthi)によるミサイル攻撃があり、イエメン人兵士ら少なくとも70人が死亡した。医療および軍事関係筋が19日、明らかにした。 軍関係筋はAFPに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング