大坂なおみ、全豪連覇へ好発進 強烈サーブでネット破壊も

AFPBB News / 2020年1月20日 11時7分

【AFP=時事】全豪オープンテニス(AustralianOpenTennisTournament2020)は20日、女子シングルス1回戦が行われ、大会第3シードの大坂なおみ(NaomiOsaka)は6-2、6-4でマリー・ボウスコワ(MarieBouzkova、チェコ)を下し、大会連覇へ向けて好発進を決めた。 約1万5000人を収容するロッド・レーバー・アリーナ(RodLaverArena)で80分の快勝を収めた大坂は、第2セットで強烈なサーブを放ってネットのベルト部分を破壊し、試合が数分間にわたり中断する場面もあった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング