イラン当局、ウクライナ機へのミサイル2基発射を認める

AFPBB News / 2020年1月21日 16時25分

【AFP=時事】イランでウクライナの旅客機が撃墜されたことをめぐり、イランの民間航空当局は21日、ミサイル2基が同機に向けて発射されていたことを認めた。当局がウェブサイト上に掲載した予備報告で明らかにした。 当局は「調査官らが、トールM1(Tor-M1)ミサイル2基が飛行機に向かって発射されたことを突き止めた」と述べている。 【翻訳編集】AFPBBNews

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング