ソロス氏、「独裁者およびその予備軍」と闘うプロジェクトに1100億円寄付へ

AFPBB News / 2020年1月24日 14時31分

【AFP=時事】米投資家で慈善活動家のジョージ・ソロス(GeorgeSoros)氏は23日、「実際の独裁者とその予備軍」がますます支配を広げ、気候変動に見舞われる世界で、市民社会の衰退と闘う新たな大学間連携ネットワークプロジェクト「オープン・ソサエティー大学ネットワーク(OSUN)」に10億ドル(約1100億円)を寄付する意向を表明した。 スイスのダボス(Davos)で開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で講演したソロス氏は、人類は転換期に立たされており、今後数年のうちにドナルド・トランプ(DonaldTrump)米大統領や中国の習近平(XiJinping)国家主席の…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング