「この世の終わり」 新型肺炎で封鎖の中国・武漢、政府に支援求める声も

AFPBB News / 2020年1月24日 15時52分

【AFP=時事】新型コロナウイルス感染による肺炎の流行を受けて交通遮断措置が取られた中国・湖北(Hubei)省の武漢(Wuhan)では、住民から食料不足や不安、政府の支援を求める声が上がっている。 人口1100万人余りの武漢市内は23日、交通機関の運行停止や外出を控える呼び掛けなどを受け、春節(旧正月、LunarNewYear)の飾り付けが施された往来から車や人影がすっかり消えた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング