反捕鯨団体シー・シェパード、トロール漁によるイルカの死を告発

AFPBB News / 2020年1月26日 18時35分

【AFP=時事】反捕鯨活動で知られる海洋環境保護団体「シー・シェパード(SeaShepherd)」の船サム・サイモン(SamSimon)号の船室のドアが、3回ノックされた。夜中の0時30分、夜間パトロールが始まる時間だ。6人のボランティアがボートに乗り、近くにいる漁船団の操業を監視し撮影するために出発した。 フランスの大西洋岸の浜辺に打ち上げられるイルカの死骸が増えている。シー・シェパードのボランティアたちの使命は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング