ホームシックに試合拒否、新型ウイルスに頭抱える中国クラブ

AFPBB News / 2020年2月14日 17時0分

【AFP=時事】新型コロナウイルスの感染拡大によって中国のサッカークラブが世界中に散らばる中、ホームシックにかかった選手たちは開幕日が決まっていない新シーズンに向けてトレーニングを続け、恐怖のあまり他国クラブからは親善試合を拒否されているチームもある。 今月末に開幕するはずだった中国スーパーリーグ(1部)の新シーズンは、1500人近くの死者を出し、中国・武漢(Wuhan)が感染の中心地となっているコロナウイルスの大流行によって無期限で延期となっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング