外出禁止令下、バー帰りの男性を警官が射殺か 南ア

AFPBB News / 2020年3月31日 13時17分

【AFP=時事】南アフリカの警察監察機関、独立警察調査局(IndependentPoliceInvestigativeDirectorate)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止策として施行された外出禁止令に違反した男性を殺害した疑いがあるとして、警官1人を調査していることを明らかにした。 この警官は29日、労働者階級が多く住むヨハネスブルク東部郊外のボスルーラス(Vosloorus)を巡回中、外出禁止令に違反したとみられる男性をバーから自宅まで尾行し、殺害したとされる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング