解任された米空母艦長、乗組員の声援受け下船

AFPBB News / 2020年4月4日 14時57分

【AFP=時事】艦内で新型コロナウイルスの感染が広がった米海軍の原子力空母「セオドア・ルーズベルト(USSTheodoreRoosevelt)」の艦長を解任されたブレット・クロージャー(BrettCrozier)大佐が、大勢の乗組員の声援を受けながらグアム(Guam)に停泊中の同艦を去った。3日に公開された動画で明らかになった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング