新型コロナ死者の遺体を警護 インドネシア警察の特別班発足 住民の妨害懸念で

AFPBB News / 2020年4月7日 19時37分

【AFP=時事】インドネシアの首都ジャカルタで、新型コロナウイルスによる犠牲者らの埋葬を警護するため、警察の特別班が立ち上げられた。当局が6日、明らかにした。同地では、恐れをなした住民らによる葬儀の妨害が懸念されている。 スラウェシ(Sulawesi)島や中ジャワ(CentralJava)州の複数の都市では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング