「純粋な怒り」、ジョーダン氏が黒人死亡事件に異例の言及

AFPBB News / 2020年6月1日 15時59分

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)の象徴マイケル・ジョーダン(MichaelJordan)氏が31日、米ミネソタ州の黒人男性ジョージ・フロイド(GeorgeFloyd)さん(46)が警察による拘束後に死亡した事件について、米国の「根深い差別」を非難した。 フロイドさんが死亡した25日の事件に対して、スポーツ界が反応を示す中で、米国ではデモ隊による暴動や略奪も発生している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング