マルタでロシア製のリビア紙幣押収 米は「偽札」扱い、ロは反論

AFPBB News / 2020年6月1日 20時18分

【AFP=時事】地中海の小国マルタで、ロシアで製造された約1200億円相当のリビア紙幣が押収されたとの報道があった。これについて米国務省は「偽札」だと指摘し、ロシア側は反論している。 現地紙「マルタ・トゥデー(MaltaToday)」はフェイスブック(Facebook)の公式ページで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング