新型コロナ、今も強い病原性 WHOが伊医師の見解否定

AFPBB News / 2020年6月2日 4時56分

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)は1日、新型コロナウイルスの病原性が以前に比べ弱まったとのイタリアの著名医師の発言を受けて、同ウイルスの病原性が突然低くなったことはないと強調した。 問題の発言は、イタリアの新型ウイルス流行中心地である北部ロンバルディア(Lombardy)州の州都ミラノ(Milan)にあるサンラファエレ(SanRaffaele)病院の院長を務めるアルベルト・ザングリロ(AlbertoZangrillo)医師が5月31日に行ったもの。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング