リビア統一政府、タルフナ奪還 ハフタル氏 西部の拠点失う

AFPBB News / 2020年6月6日 13時6分

【AFP=時事】リビア国民統一政府(GNA)は5日、東部を拠点とする元国軍将校の実力者ハリファ・ハフタル(KhalifaHaftar)司令官率いる有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」が西部に持っていた最後の拠点で、首都トリポリ攻撃の後方基地としていた首都南東のタルフナ(Tarhuna)を奪還したと発表した。 トルコの軍事的支援を受けていたGNAは前日の4日、トリポリ首都圏を再び完全に支配下に置いたと発表していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング