乗員に濃厚接触の恐れ、カナダ軍機が引き返し

AFPBB News / 2020年7月6日 13時41分

【AFP=時事】カナダ国防省は5日、北大西洋条約機構(NATO)の任務でラトビアに向かっていたカナダ軍用機の搭乗員が、離陸前に新型コロナウイルス陽性者と接触していた可能性があり、同機が引き返しを余儀なくされたと明らかにした。 カナダ国防省のジェシカ・ラミランド(JessicaLamirande)報道官によると、同軍機は今月2日にオンタリオ(Ontario)州のトレントン(Trenton)基地を出発したが、同基地から新型コロナの陽性者が出たために引き返す判断に至った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング