ポランスキー氏受賞に抗議の退席、「後悔ない」 仏女優ノエミ・メルラン

AFPBB News / 2020年7月13日 9時13分

【AFP=時事】今年3月、フランス版アカデミー賞(AcademyAwards)と呼ばれる映画賞「セザール賞(CesarAwards)」の授賞式で、強姦(ごうかん)罪に問われ、数々の性的暴行疑惑があるロマン・ポランスキー(RomanPolanski)氏が最優秀監督賞を受賞したことに対し、抗議の意思を示した人々が次々と会場から退席した。 女優のノエミ・メルラン(NoemieMerlant)さん(31)は、あのときに席を立ったことを全く後悔していない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング