飼い猫が急に凶暴化、原因は珍しいウイルス 伊当局が注意喚起

AFPBB News / 2020年7月6日 18時54分

【AFP=時事】イタリア中部トスカーナ(Tuscan)州アレッツォ(Arezzo)で、突然飼い主にかみつくようになった飼い猫から珍しい狂犬病類似ウイルスが検出されたとして、当局が猫の観察を強化するよう呼び掛けている。 アレッサンドロ・ギネッリ(AlessandroGhinelli)市長は1日に記者会見し、猫にいわゆる「リッサウイルス感染症」の恐れのある症状がみられた場合、直ちに当局に報告するよう飼い主や地域猫活動家らに要請する新条例を制定したことを発表した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング