「未来が見えない…」 イスラエル軍に撃たれ失った目 パレスチナ

AFPBB News / 2020年8月2日 9時0分

【AFP=時事】ジャクリーン・シャハーダ(JacquelineShahada)さんは、パレスチナ自治区ガザ地区(GazaStrip)の境界沿いで行われたデモの最中に片目を失った時、夫と子どもたちも失うとは思ってもみなかった。 2018年11月、その日も半年前から毎週金曜日に繰り返されてきたように、1948年のイスラエル建国に伴い祖先らが奪われた土地の返還を求め、何千ものパレスチナ人がイスラエルとの境界に集結していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング