7000万年前の巨大魚化石、アルゼンチンで発見 全長6メートル超

AFPBB News / 2020年7月8日 10時39分

【AFP=時事】7000万年前に恐竜と共存していた巨大魚の化石が、アルゼンチン南部パタゴニア(Patagonia)地方で発見された。同国の古生物学者らの研究チームが6日、発表した。 今回の発見は学術誌「Alcheringa:AnAustralasianJournalofPalaeontology(アルチェリンガ:オーストラレーシアの古生物学誌)」で発表された。研究チームは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング