ごみから作った国産消毒液でコロナと闘う、イスラエルの科学者ら

AFPBB News / 2020年7月10日 19時33分

【AFP=時事】ごみから生成したエタノールを消毒剤として新型コロナウイルスとの闘いに活用する「シンプル」かつ低コストな方法を、イスラエルの科学者らが開発した。「より簡単かつ安価で、小規模なうえ環境にも優しい」手法だという。 テルアビブ大学(TelAvivUniversity)のハダス・ママネ(HadasMamane)氏のチームは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング