過去の大学入試で数百人が成り済まし被害、出稼ぎ労働者になった受験者も 中国

AFPBB News / 2020年7月12日 22時24分

【AFP=時事】中国で今月、110万人近くの生徒たちが受験する過酷な大学入学試験が実施された一方、過去に受験者数百人が成り済ましの被害に遭って夢を奪われた実態が明らかになり、ソーシャルメディア上で激しい怒りの声が噴出している。 中国東部・山東(Shandong)省当局は2年にわたる調査の結果、「高考(Gaokao)」と呼ばれる大学入学試験における受験者の身元盗用に、280人超が巻き込まれていたことが判明したと発表。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング