ウミガメ160匹漂着、大量のプラごみに絡まり死傷も バングラ

AFPBB News / 2020年7月15日 22時21分

【AFP=時事】バングラデシュにある世界最長級の砂浜に、ウミガメ約160匹が打ち上げられ、保護された。当局と保護活動家らが15日、明らかにした。多くはプラスチックごみに絡まり、けがをしていたという。 コックスバザール(Cox'sBazar)の全長120キロに及ぶ砂浜に、ヒメウミガメが漂着し始めたのは先週末。同時に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング