写真

アチェ州北アチェ県ロクスマウェで、未成年と性的な行為に及んだ罪で有罪となり公開むち打ち刑を受ける男(2020年9月15日撮影)。(c)RAHMAT MIRZA / AFP

【AFP=時事】インドネシアでシャリア(イスラム法)が唯一適用されているアチェ(Aceh)州で15日、未成年と性的な行為に及んだ罪で有罪となった男4人に対し、公開むち打ち刑が執行された。 18歳と21歳の男がそれぞれ100回と105回のむち打ち刑を受け、18歳の男の方はさらに禁錮10月を言い渡された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング