写真

新型コロナウイルスによる米国の累計死者数が50万人を超えたことを受け、ホワイトハウス前でろうそくをともし行われた追悼行事で黙とうするジョー・バイデン大統領、カマラ・ハリス副大統領両夫妻(2021年2月22日撮影)。(c)SAUL LOEB / AFP

【AFP=時事】米国で22日、新型コロナウイルスによる累計死者数が50万人を超えた。ジョー・バイデン(JoeBiden)大統領は「悲痛」な節目だと述べ、パンデミック(世界的な大流行)に対し一致団結して闘おうと国民に呼び掛けた。 全米でテレビ放映された演説でバイデン氏は、過去に自らの家族を見舞った悲劇に触れ、 [全文を読む]

×


トピックスRSS

ランキング