実はニキビじゃない!? 間違えやすい皮膚病

オールアバウト / 2017年9月25日 20時15分

ニキビに見えて、実はニキビではない皮膚病がある!医学的には「ざ瘡」という病名がついている肌トラブル、これは一般的に「ニキビ」と呼ばれている、ごくありふれたものです。ニキビで皮膚科を受診する人の数はCMなどによる啓蒙活動のおかげもあってか年々増えています。実際にクリニックを受診する多くの方が問診票で主訴を書く欄に「ニキビを治したい」とお書きになります。そのことからも出来ている発疹がニキビだと自覚していることが分かります。そのほとんどは診察により確かに「ざ瘡」と診断されるのですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング