写真

歯茎の腫れや出血などの自覚症状があり「歯周病かもしれない」と思いつつ、歯科受診や検査、治療開始を先延ばしにしている方は要注意。20代、30代などの若い年齢で、進行した重度歯周病と診断される患者さんも珍しくありません。

若い年齢でも重度歯周病まで進行してしまう原因は?最近はメディアなどで歯周病の症状や予防法についての情報も普及してきたためか、重度歯周病は減少傾向です。それでも臨床の現場では、まだまだ進行した歯周病の患者さんに出会うことがあります。しかも20代、30代といった若い年齢で重度歯周病になってしまうケースは無視できません。治療開始後に重度歯周病の患者さんが悔やまれることの多い「これが失敗だった……」という経験談で多いものをまとめてご紹介します。自己判断で「まだ軽度ですぐ治る」と思い込んでいた歯周病症状を自覚しつつも、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング