写真

「コーヒーはがん予防効果がある」という説にはコーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸の抗酸化作用が関係しているようで、様々な論文が発表されています。

「コーヒーにがん予防効果がある」といわれる理由コーヒーで胃がんや直腸がんなど様々ながんリスクが減るという説があります。これはコーヒーに含まれるポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」が持つ抗酸化作用によるものだと考えられます。これらにはいくつかの論文があるので、コーヒーに一定のがん予防効果があることは本当であるといえるでしょう。コーヒーのがん予防効果についての主な研究・論文など2017年に発表されたSusanM.の論文では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング