写真

平成29年8月に10年間の受給資格期間があればもらえるようになった老齢年金。25年から10年に短くなったのですが、要件を満たさず老齢年金をもらえない人もいるのです。

年金を支払った期間が10年あればもらえるようになった平成29年8月より以下の期間が合計で10年(受給資格期間)あれば老齢年金がもらえるようになりました。1.年金保険料を支払った期間(厚生年金・共済年金で天引きされている期間含む)2.年金保険料が免除・猶予された期間(学生納付特例含む)3.合算対象期間以前は、1から3の期間が合計で25年なければ、老齢年金はもらえなかったので、10年で老齢年金がもらえるというのは、大きな改正でした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング